2008年01月21日

キーサクセスファクターを見極める

効率が悪い・成果が上がらない・時間がかかる

これらの原因としては、重要なポイントがズレている場合があります。ポイントがズレていれば、時間をかけても成果は上がりません。

KSF(キー・サクセス・ファクター)を見極める必要があります。
本当に重要なものは何かをまず考える必要があるのです。

まずやってみることは大切ですが、KSFを考えずに何かを始めても、遠回りになってしまい成果を上げるのに効率が悪い(=時間がかかる)です。

始める前に、重要なポイントを見極め、何をすればよいか最短距離を考えて効率的に行動する。これが成果を上げる為に最も重要な能力です。

昔から「段取り八分」と言われています。まずはゴール(仕事の最終形)を理解し、何を準備し、何をリサーチし、早く終わらせる為にはどう行動すればよいか、人員の配置はよいかを考え、準備し終わった時にはほぼ仕事は終わっていると、私も先輩からよく言われたものです。

何かを始めるときには、まずKSFを見極め、段取りを終えてから行動すれば、仕事のスピードは格段に速くなるでしょう。
posted by ( ゚д゚)、ペッ at 06:12| Comment(2) | TrackBack(0) | TENGA式TTP仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:49
押し後ありがとーですw
Posted by ペ at 2008年01月30日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。