2008年01月15日

カリスマメルマガコンサルタントの習慣1

カリスマメルマガコンサルタントの習慣


1:仕方なく残業      → 自分の時給を考える
2:数字は考えたくない   → 数字に落とし込んで考える
3:ムリな目標設定     → 実現できそうな目標設定
4:モノが捨てられない   → モノを捨てる
5:思い込みで行動     → 人の意見を聞く
6:代わりはいくらでもいる → 自分の価値を高める



特に3番ですが、スモールウィンという言葉があります。

スモールウィンは直訳すると小さな勝利。
小さな目標の達成のことです。
確実に達成できる低いハードルを自分自身に設定してみます。
それを確実に越えていく。
簡単な目標を超えてゆくにしたがって、自信がついてきます。
それを繰り返せば、次第に大きくなってゆく自分に気づくはずです。
posted by ( ゚д゚)、ペッ at 06:40| Comment(2) | TrackBack(0) | TENGA式TTP仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目標に至るまでの行程を物凄く細分化して
今日なにをすればいいか、まで落とし込むと
毎日達成感を味わえて、目標達成も確実だと
昔誰かが言ってたのを聞いた事がある。
それに近い?
Posted by 艶象 at 2008年01月15日 08:46
そっすね
大きな目標立てたら(モノにもよりますが

5年スパン
1年スパン
半年スパン
3ヶ月スパン
1月スパン
1週間スパン
半週間スパン
一日スパン
半日スパン
1時間スパン

まで分けれるといいかと俺はおもてます。
でも、結局大事なのは
PDCAサイクル、特にCかと思います。
やった事を検証する。
出来たことは何で、出来なかった事は何か
それでAに移り、小さなプランを修正する。

最近身にしみて分かったんですが、
何でも積み重ねですねえ。
飛び級が出来る人は、日々の積み重ねの
賜物だとおもいまする。
いきなり大きな目標だけ掲げても
まー頓挫するのは目に見えてますしねえ。
Posted by pe at 2008年01月15日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。